株のもう一つの魅力が株主優待です。株主優待とは株式会社が一定数以上の自社の株式を権利を保有している株主に与える優待制度で、自社製品や商品券など様々な特典が得られるものです。参考までに当サイトでご紹介いたしますのでご覧下さい。

ゴルフ場の運営企業にはどんな株主優待制度?

日本国内には複数のゴルフ場を所有して施設の運営にあたっている株式会社がいくつかありますが、このような会社にはどのような株主優待制度が設けられているのでしょうか。
例えば、国内の120あまりのゴルフ場の株式を保有してコースの運営を行っているある企業では、毎月の平日と、1月、2月、7月、8月の土曜日、日曜日、祝日にプレー料金が割引になる株主優待制度を設けています。この制度の適用対象となるのは、3月31日の時点で100株以上の株式を保有している株主と、9月30日の時点で100株以上の株式を保有している株主で、適用対象の株主に対して決められた時期にプレー料金の割引券を配布します。1回あたりに配布される枚数は保有株式数100株ごとに1枚ずつ増えていき、保有株式数が800株以上になると、それ以上増やしても配布枚数は8枚となります。なお、割引額がゴルフ場やプレーする日によって異なる点と、優待料金でプレーできるゴルフ場がしばしば変更される点に注意が必要です。
また、国内の136のゴルフコースと25店舗のゴルフ練習場を運営している、前述した企業とは別のある企業では、ゴルフ場の利用料金もしくはホテルの宿泊料金を最大3,000円値引きする内容と、練習場の打席2時間分の利用料と20分間のプライベートレッスン料のうちのいずれかを無料にできる内容のどちらか一方を選べる株主優待券を配布しています。配布対象は9月30日の時点で100株以上保有している者すべてで、配布枚数は保有株式数100株ごとに1枚ずつ増え、1,000株以上の株主に対しては一律で10枚配布されます。この企業の株主優待券は株主本人以外の者であっても利用可能となっていることから、金券ショップやオークションで取引されることが多いです。