株のもう一つの魅力が株主優待です。株主優待とは株式会社が一定数以上の自社の株式を権利を保有している株主に与える優待制度で、自社製品や商品券など様々な特典が得られるものです。参考までに当サイトでご紹介いたしますのでご覧下さい。

中国経済不安なら日本の株主優待がおすすめ

景気がよい国のことをバブルなどということがありますが、これは不動産投資や、株式投資など、投資の市場にて買い手が続々とあらわれることにより作られる状態のことをいいます。
最近では、中国の株に対しバブルの状態が作られています。多くの銘柄の株価が大きく値上がりしたことから、たくさんの投資家が中国の株式市場に流れたことを意味しますが、最近では中国経済の先行きに陰りが見え始めたことを受けて、徐々に株価が下落を始めており、中国バブルの崩壊が始まったなどといわれています。
中国経済の先行きに不安を覚えるなら、国内株式市場に注目を向けてみるのもおすすめです。とはいえ、日本の株式会社は中国経済と密接に繋がっているところが多いため、中国の株価低迷が国内株式を下げる確率が高くなります。しかし、最近は政府による政策で企業の業績が上向き、円安傾向が続いていることから、国内に限らず、海外の投資家からも、日本の株式市場に注目が集まりつつあります。
日本の株式をおすすめする他の理由として、株主優待制度を設けている点が挙げられます。株主優待制度は日本独自の仕組みだとされており、海外銘柄では配当金や株価を上昇させることに重点が置かれています。
株主優待の権利を得るには、株式を発行している企業の決算日までに、定められた株式数を保有していることが条件になります。多くの企業が3月末と9月末の年2回実施していますが、中には年1回の企業もありますので、注意しましょう。
株主優待は各企業によって内容が異なり、グループ企業のサービスをお得に利用できる割引券や招待券、食品の詰め合わせや、日用品のプレゼントなど、生活に助かるものが多く揃えられており、賢く投資を楽しみたい人におすすめの制度となります。